* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.03 Thursday * | - | - | -
* 2012.1.22 自ビールのススメ(ピルスナーを手作り ^^ )
ビールがすきなのだ。
冬でもクイクイ飲むくらいビールがすきなのだ。

冬といえば鍋。
タラや牡蠣がうまいよ〜。
合わせるのは何?
焼酎?日本酒?うん、たしかにそれもイイ。
でも黒ビール系を合わせると、それはそれでグっとムネをうつウマさだよ。
でも残念な事に日本って黒ビールが揃ってない。
いや、むしろラガー以外は揃ってないって表現したほうが正しいか。

寂しいっ!
もっと色々飲みたいっ!!
わしゃビールがすきなのだっっ!!!



・・・無いなら作るしかない。
売ってないなら、自分で作るしかない。

自分でビールを作るようになった、そもそものキッカケはこんな感じだった。
きっかけなんて、ちょっとしたことからぁ♡

今回で自ビールは7回目のトライ。
前回作ったStoutが、好みの味じゃなくって、
結局半分くらい飲まずに、まだ部屋に置いてある・・・orz

今回はどうなることやら。
ま、いいや。
今回は基本に戻ってPilsenerをつくる。
正確にいうと、Pilsenerベースにコリアンダーを入れたビール。
イメージとして、Pilsenerのスッキリしたノド越し&苦味に、ベルギービールのフンワリした舌触り&柔らかなノド越しを足したと思ってもらえればイイ。

イメージはイメージね。実際はどうなるか、な?

さて、それでは、その工程を書いていくかね。



そもそも、コレを読んでるアナタ。
大麦から作ると思っていたら大間違いだからね!モルト缶を使ってつくるんだからね!
モルト缶は、この店で買った。いや〜、マニアだわ、この店。もう大好き。
advanced brewing
http://www.rakuten.ne.jp/gold/brew/

まずはモルト缶と追加のモルトを湯せんして、液を柔らかくします。




鍋に水を1,5リットル入れて沸騰させます。
ホップを入れて5分に煮込み、



ホップを取り出す。
さらにコリアンダーを入れて10分煮る。






ビールを仕込む容器(20リットル用)をアルコール消毒。
ビールはイースト菌を使って作るんだけど、とにかく雑菌に弱い。
雑菌が入ると、発酵しなくなっちゃうので、こうやってアルコールを使って、雑菌をやっつけることが大事。





写真がなくて申し訳ないけど(作業のキモの部分で忙しいからね!)、
・消毒した容器に水を14リットル入れる
・ホップ&コリアンダーの液を容器に入れる
・湯せんしたモルトエキスを容器に入れる
・消毒したオタマで丁寧にかき混ぜる
最後に、イーストを入れてかき混ぜる
これで作業の山場は終了。ふぅ。





エアロックを取り付ける。
このエアロックってのは何かっていうと、イーストがモルトエキスを食べていくうちにオナラをするんですが(実際にオナラかどうかは知らないが)、中の空気をこのエアロックを使って、外に押し出すんですね。エアロックがないと、おそらく容器がパンパンに膨れ上がるんだと思います。





この時点で、液温は26度。
ちょうどいいくらい。
エールイーストを使っているんだけど、液温が18度を下回るとイーストが眠っちゃうので発酵しなくなっちゃうんですよ。
これが一番イタイので、温度管理は慎重に。





容器にサイモン&ガーファンクルのTシャツを着させる。
⇒イーストは光が苦手なので黒いもので覆う。
 この場合2009年来日のサーモン&ガーファンクルのTシャツが実に効果的にしし





さらに温度管理を強化するために電気カーペットでくるむ。温度は中にて設定。





翌朝見てみると・・・みごとに発酵が始まってました。エアロックがポコンポコンと音をたてて空気を逃がしてたからね。




というわけで、仕込みは無事にできました。
早ければ来週にでもビン詰めが必要なので、ビンを洗う必要あり。
これが結構大変なのよね。
2012.01.23 Monday * 17:10 | 番外編 自ビール | comments(2) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2014.07.03 Thursday * 17:10 | - | - | -
Comment
造る工程面白〜い!
へぇ〜こうやてつくるんですか♪
俺はまたホップを収穫して、
それから麦を・・・(笑)
| マースケ | 2012/01/23 8:03 PM |
マースケさん

結構、興味深い工程でしょ。
ビールをつくるっていうと、どんなふうに作るんだろうって思うでしょうけど、ある意味手抜きな(笑)作り方で楽しんでます。

マースケさんがいう、大麦から作りやり方はフルマッシングってやり方なんですが、実は、それもトライしようと考えております!
| きょん | 2012/01/23 9:47 PM |









Trackback URL
http://hatakenikki.jugem.jp/trackback/185
<< 2012.1/22 鶏肉(もも肉)の燻製 | main | 2012.1/23 タマネギ△膨蛭 >>