* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.03 Thursday * | - | - | -
* 2014.3/14 堆肥 ちーっとも堆肥になってない






冬にしこんだ堆肥。
ちーっとも堆肥になってない( ;∀;)
うわーお。
たんなる雑草の山。
そしてたんなる枯葉の山。

土入れたよ。
堆肥にするために。
おまいたち、堆肥になりなさい。
そして貢献しなさい。
2014.03.14 Friday * 19:59 | 肥料 | comments(2) | trackbacks(0)
* 2013.12/23 肥料 落ち葉堆肥に挑戦

さーてさてさて。
落ち葉を近所の神社から集めてきて、さっそくコンポストに入れてみた。
ゴミブクロx2枚でこれだけの量。
入れたばかりのときはコンポストがマンタンになっちゃったけど、1週間置いたら少しカサが減ったな。

実際に堆肥になるときには、さらにカサが減るだろうから時間を見つけて、もう一度枯葉をかき集めたほうがいいかな。
もっとも、寒くて寒くて、そんな元気もないけどさ・・・。
2013.12.23 Monday * 07:59 | 肥料 | comments(0) | trackbacks(0)
* 2013.10/6 肥料 堆肥を自分で作るぞ

東北、関東の方々には本当に申し訳ないが、
オイラは関東産の野菜は食べません。
ガンにも白血病にもなりたくないから。

「周りは皆、食べてるよ」
って言って食べてる方は結局のところ、置かれている
状況を把握してしていない、いや正確にはしようとしない
方々なので、そういう方々はそれでいいと思う。
オイラがどうこう言う筋合いじゃないしね。

こういう人たちが、今の時流に逆らって家を買うときに
ローンを8万前後する人たちなんだよね。
「周りは皆、同じくらいローンしてるよ」って。

払えなくなるなんて、夢の話だろうって信じずに。
まぁ、何とかなるだろうって疑わずに。



堆肥も、関東のモノが流れてきている可能性があるので、
自分でやっぱり作ろうと思い立って1年。

作るって言うほどの事でもなく、単に雑草や
枯れた野菜の茎を集めて、土と一緒に寝かせただけ。

かなりイイ感じで作れたので、もう一つコンポストを
買おうと思ったけど、これ、かさばるのよね。
だから、トタンを買ってきて、四角く囲みました。

さーて。
雑草も入れたし。
今回は容量もデカいぞ!
良い堆肥を作ろう。
2013.10.06 Sunday * 17:22 | 肥料 | comments(4) | trackbacks(0)
* 2013.9/28 堆肥 堆肥作り 成功♪

5月に買ったコンポスト。
草を刈れば、せっせと入れて、
野菜を育てれば、いらなくなった茎をせっせと入れて、
マンタンまで詰め込んだんだけど、
気がつけば無事、堆肥になっていました^^

先日のサツマイモの収穫後の場所や、
3回目の種まきをした大根の場所には、
この堆肥を入れ込んでいます。

この秋には、でかいポリバケツを2つくらい買おうかな。
枯葉を入れておけば、春先には堆肥になってると思うし。
堆肥を買うくらいなら、自分で作ったほうがイイよね。
2013.09.28 Saturday * 18:31 | 肥料 | comments(2) | trackbacks(0)
* 2013.6/2 ぼかし肥料 嫌気発酵と好気発酵のW攻め

5月初旬に下ごしらえをした嫌気発酵のぼかし肥えは
本に書いてある完成までに必要な2-4週間を迎える今日現在、
ち〜〜〜〜っとも発酵する気配がない。

甘酸っぱいニオイはするから、軽く発酵しかかっては
いるんだろうけど、こりゃ長丁場になると思う。

不安になってネットで色々調べたら嫌気発酵は3ヶ月くらい必要みたい。
おいおい、2-4週間必要って好気発酵のほうじゃないかよ?
買って読んでる無農薬・有機肥料の本、大丈夫かよ?

心配してても前に進まないから、とりあえず好気発酵による
肥料作りも着手。
嫌気発酵で、発酵が少しずつ始まっている油かすベースの
肥料を適量、イチゴ箱に入れて、水分を少し混ぜ込んだ。



小バエ対策にはタオル。


何回か切り返しが必要だっていうので、こまめにやらないと。
ちゃんとネットで確認しよう。

今度こそ、無事に肥料ができますように。
2013.06.02 Sunday * 14:28 | 肥料 | comments(0) | trackbacks(0)
* 2013.5/13 肥料(堆肥) コンポスト購入

コンポストを買いました。
ウチの地域では、農協経由でコンポストを買うと
3000円/1つについては費用を市が負担してくれます。
ところがコンポスト@8000円と割高残念

仕方がないので近所のHCで購入。
100Lという小さなものですが、3000円という価格には勝てず。

コンポストは一般的に家庭から出る残飯を処理しますが、
今回ボクがやろうとしているのは、雑草堆肥づくりです。
雑草のタネが心配だけど、まぁ、いずれにしても
雑草とは戦う宿命のあるので(笑)、あまり気にせずに
勝負勝負!




以前から、雑草を溜め込んでいた場所に、コンポストを設置し、
たっぷりある雑草を片っ端からつめこんでいきました。
途中で「健やかファーム」と牛糞堆肥を混ぜ込み、また土も入れて
堆肥化を促進させるようにしました。




既に堆肥になっている雑草もあったので、それは
キュウリの畝にすきこみました。
コンポストに入れ込んでいく途中、たくさんの幼虫に出くわしました。
これって、カナブン?
結果が楽しみです。


BGM : Police / Don't stand so close to me




2013.05.13 Monday * 17:15 | 肥料 | comments(0) | trackbacks(0)
* 2013.5/13 有機肥料 ぼかし肥え(油かす+米ぬか)作り 
液肥だけじゃ弱い、というか油かすの液肥では
窒素分が多くなっちゃって、葉っぱ系を育てる分には
良いけど、実ものには弱いので、改めて
ぼかし肥えを作りました。




写真左が米ぬか1.1kg
写真右が油かす6.6kg
一番右にあるのが「健やかファーム」です。
発酵促進を促すため多少混ぜます。




米ぬかと油かすを混ぜて、泥水(水は約2リットル)でコネコネ。




ギュっと握れば塊になり、




指で押せば、ポロポロと崩れる状態。
うーん。
ベストやね。




生ゴミで堆肥を作るための容器を手に入れたので、
今回は、まず肥料作りとして活躍(笑)
ギュッギュっと押し込んだ状況。
詰め込みながら空気を抜くのが良いらしい。




ちょうど生ゴミタンクと同じくらいの量になったわ。
これはラッキーヒットでした。
ビニール袋の口をしっかり縛り、




フタを閉めてできあがり。

これで2-4週間ほど、置いておくと良いらしい。
さて、上手に発酵するかな??


2013.05.12 Sunday * 15:37 | 肥料 | comments(4) | trackbacks(0)
* 2013.5/5 肥料 ぼかし肥作りに挑戦
「有機野菜をつくるぜ」
なんて豪語しておきながら、
実は作り方を全く理解していなかった。

さすがに、ちょっとマズいなーって。
で、本屋で有機野菜の作り方の本を
買ったんだけど、いやはや、ことしの
トマトやナスはちゃんと実るんだろうか(泣)って
不安になってきた。
ちっともやりかたが正しくなくってさ。

有機肥料ってのは、一度発酵をさせないと
即効性のある肥料としては使えないなんだねェ。
知らなかったわ。

ということで、本には油かすを使って、ぼかし肥って
いう一度発酵を先回ってさせて、使うときには
即効性をもたせる肥料を作るべしとのことだったので、
早速作ってみた。




使ったのは、この油かす。
HCで10kgで780円だった。




ベットボトルの水量10に対して1の油かすを入れてシェイク。
ステアじゃダメね(笑)
1ヶ月ほどすれば、ぼかし肥ができるそうな。
ペットボトルがパンパンに腫れあがるので、息抜きが必要だな。

さてさて、どうなることやら?
ま、楽しみながらトライだな。


2013.05.05 Sunday * 17:22 | 肥料 | comments(2) | trackbacks(0)
* 2013.4/21 肥料 有機肥料を施肥してから1週間


初めての有機肥料。
施肥してから1週間。
広告にあるような白い菌がでてきたかな、と期待!




おっ!
白いのある!!
でも何だか広告の菌のような広がってる感じじゃないな・・・。



手に取ってみると・・・。
・・・うん。これが菌か・・・ァ??

どう見ても鳥のフンにしか見えない。

いや、コレが菌だと信じよう。
もう後戻りできないし。

それにしても小蝿がタカっとります。有機は虫が増えるから今後は虫とも仲良くせねば。
2013.04.21 Sunday * 07:26 | 肥料 | comments(4) | trackbacks(0)
* 2013.4/6 肥料 有機肥料へ切り替えます
畑を始めて、シーズン4に突入。

これまでのシーズン3は、
・ほぼ無農薬(トウモロコシ・大根・葉っぱ系を除く)
・肥料は化成肥料を活用
この状況だった。

無農薬をある程度、頑張ってこれたのは農薬を撒くのが面倒だったから、体を思いやってのことだ。
だた、トウモロコシは天敵アワノメイガ様の執拗な攻撃に屈しデナポンを使ったし(使用量を相当減らした&使用時期が遅かった為、結局アワノメイガにヤラれまくってしまった。使っておきながらクワれまくったという・・・いやはや)、大根や小松菜はオルトランを使わざるを得なかった。アブラーってキリがないもんねェ。

肥料に関しては、有機肥料でトライしたかったものの、どうしても価格の面で使用を断念せざるを得なかった。
ボカシ肥とか、自分で作るテもあるんだろうけど、なかなかそこまでのモチベーションは持てなかったな。正直。

日本がいよいよTPPに参加する。
海外から安い野菜が、どんどん輸入されるだろう。
「おそらく」の話だが、日本の食は2分化されると思う。
一方は、今よりも価格は安いが、食の安全面では今より危ない野菜を食べる人たち。
残った一方は、安かろう危なかろうに気を使い、価格が多少高くても、安全を求める人たち。

やっぱり価格には勝てない。
安いって、すごく魅力です。

ただ、残った一方の人たちのように安全性に気を使うって、やっぱりとても大事。

こんな背景を色々考えたら、体に気を遣った有機肥料ベースの野菜を作っていきたいなって思うようになりました。ボクが作る野菜は商売用ではないので、コストダウンに努める必要もないしね。むしろ、安全性をどんどん高めていきたいな、と。




そんな背景で選んだのが、この肥料。
「健やかファーム」




リサイクルセンターに持ち込まれたスーパーの売れ残り食材等に、米ぬかと内城菌を配合し、高温発酵させて作られた有機肥料だそうな。
よくよく調べると、この内城菌(うちしろきん)ってのが更に土壌改良にも役立つそうな。

肥料として使えて、且つ、土壌改良にもなるって、1石2鳥ですな。


肥料を撒いて水をたっぷりると、2週間の間に内城菌が土の表面に白い糸のような状況で出てくるらしい。

とりあえず、石取りを頑張ってやらないと。
そして、この肥料を早く撒いてみよう。

BGM: Aaron Lewis / Forever
2013.04.06 Saturday * 17:39 | 肥料 | comments(2) | trackbacks(0)

| 1/1Pages |